即日融資カードローン【即日審査・即日発行】

即日融資のカードローンについて

即日融資可能と宣伝されているカードローンはいくつもあります。しかし、即日融資が「可能」であるということをよく考えなくてはなりません。条件次第で即日融資も可能ということです。

 

例えば、審査対応時間に間に合わなかった、時間がかかったということもあります。当日に契約ができなかったということもあります。契約ができても借り入れができなかったということもあります。

 

即日融資の可能性を高めるポイントはどこにあるのかを理解していることが非常に重要です。

 

プロミス
最短1時間 インターネット申し込みでは審査対応時間が年中無休で9時から21時となっており、平日14時50分までに手続きをすれば振込キャッシング(三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば24時間振込キャッシング)が利用可能。30日間無利息もあり、会員サービスも充実している。返済方法も手数料無料の方法が多く余計な費用を掛けずに利用ができる。

 

30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

実質年率 限度額 評価
4.5%〜17.8% 500万円

モビット
モビット WEB完結を使えばカードレスになるためすぐに借り入れが可能になる。ただしWEB完結申込を利用するためには「三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座」と「組合員保険証か社会保険証」が必要。カードレスキャッシングとなるため借り入れは振込キャッシングのみ。平日14時50分までに振込キャッシングの手続きを完了させることが条件。カード申込もできるため通常のカードローンもある。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

実質年率 限度額 評価
4.8%〜18.0% 500万円

アコム

インターネット申し込みでも即日融資を希望する場合には必要書類を14時までにFAXで送信することが必要。楽天銀行口座があると振込キャッシングは24時間対応になる。30日間無利息はあるが契約翌日からの適用となるため即日融資以外の時には活用の方法に気をつける必要がある。35日ごとの返済があり、返済の期日設定が便利になっている。

実質年率 限度額 評価
4.7%〜18.0% 500万円

 

即日融資を希望する時のカードローン選びとは

どうしても今日中に借入をしなければならない状況にあるときには、どこのカードローンを選ぶのかという重要な選択肢があります。優良消費者金融であればよいというものではありません。大手銀行であればよいというものでもありません。

 

安全で便利で、そして今日中に借入が可能なカードローンとなればその数はかなり限られてきます。

 

即日融資ができるカードローンはいくつかありますが、その後の利用はどうでしょうか?

 

最初の借り入れができたとしても、後々の返済方法に不便があったり、手数料がかかるものであればそのカードローン選びは成功したとは言えません。今のことだけではなく、契約をした後のことも考える必要があります。

 

〜即日融資のためのチェックポイント〜

  • 準備が少ない
  • 即日融資のための時間が明記してある

 

それほど多い項目ではないということがわかるでしょう。

 

準備というのは、用意する書類です。カードローンに申し込みをするためには必要書類の提出が必須となりますが、消費者金融であれば基本は運転免許証だけで構いません。

 

総量規制に基づいてこれから借り入れを希望する金額が50万円を超える場合、もしくは他社からの借入金額も含まると100万円を超える場合には収入証明書類が必要になります。

 

それ以下の借入希望額の時には、用意する書類は本人確認書類となる運転免許証、もしくは健康保険証かパスポートとなっています。

 

銀行カードローンでは、本人確認書類のほかに、収入証明書類が必要、銀行口座が必要となることは多いもので準備が多くなっています。

 

即日融資も可能という宣伝となっていながらそのためにタイムリミットが何時になっているのかという記載がないこともあります。

 

大手消費者金融だから大丈夫ということはありません。即日融資を可能にするためのタイムリミットが明記されていることを確認しましょう。

 

〜利用中のためのチェックポイント〜

  • 無利息期間がある
  • 手数料無料で便利な返済方法がある
  • 会員サービスが充実している

 

プロミスとアコムのように一定期間の無利息期間があるカードローンもあります。利息を節約するために重要な項目となっていますのでチェックをしましょう。

 

毎月確実に返済をしていかなくてはなりません。そのためには返済は手数料がかかる、足を運ばなくてはならないとなれば面倒が生じることになりかねません。

 

早い返済こそが利息を節約します。手数料がかからず、それでいていつでも返済ができる便利な方法があることを確認しましょう。

 

消費者金融のサービスは充実しているというのを聞いたことがあるでしょう。会員サービスを見てみるとその便利さがよくわかります。

 

利用をする前でも、各社の公式ホームページで会員サービスの内容を確認することができるのでチェックをしましょう。

 

振込キャッシングや、インターネット返済、債務状況を把握するための取引履歴照会、会員情報の変更登録などは最低でも行えることを確認しておきましょう。

 

即日融資が目的ではあるものの、目的達成後は完済が目標になります。そのための道筋がしっかりとしているカードローンを探しましょう。

 

最短1時間
⇒プロミスなら最短1時間融資

 

覚えておかなければならない時間がある

24時間いつでも即日融資が可能ということはありません。当日に借り入れをするためには必ずいくつかのタイムリミットがあります。

 

  1. 審査対応時間
  2. 借り入れ可能時間
  3. 契約対応時間

 

この3つをチェックしておきましょう!

 

インターネット申し込みでは”審査対応が年中無休”で時間は9時から21時となっているカードローンが多くあります。

 

インターネットは24時間対応ということから24時間審査が可能と勘違いされがちではありますが、必ず審査に対応している時間がありますので確認をしましょう。

 

借り入れ方法によって借り入れ可能な時間が変わります。ATMから借り入れをするのであれば、24時間いつでも借入ができる状況になります。

 

そのためにはカードが必要です。カードを受け取るためには自動契約機や来店で契約をすることになるため、ここで契約対応時間を確認することとなります。

 

振込キャッシングで借り入れをする場合には、振込キャッシングの受付時間を確認しましょう。消費者金融の銀行口座から、自分が用意した銀行口座への振り込みによる借り入れとなります。

 

そのため銀行営業時間に準ずるものとなります。ただし、振込キャッシングの手続き確認時間等あるため、平日の14時50分まで、もしくは平日の14時までとなることもありますので必ず振込キャッシング手続き完了時間は確認しなくてはなりません。

 

振込キャッシングで借入ができる時間であればインターネットでそのまま契約をする方法が便利でしょう。

 

振込キャッシングが24時間利用可能となる方法もあります。プロミスでは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を受け取り口座とすること、アコムでは楽天銀行口座を受け取り口座とすることで24時間利用可能となります。

 

申込書を正確に記入するという基本

単純なことと思われるかもしれませんが、申込書に記入する内容を正確にすることは重要なことです。内容に間違いがあれば連絡を受け取れないこともあります。例えばどんなことがあり得るのかみてみましょう。

 

  • 自分の電話番号やメールアドレスに間違いがあり、審査結果が受け取れない
  • 勤務先電話番号に間違いがあり、在籍確認ができない
  • 支社勤めだが、本社電話番号を書いてしまい在籍していないという結果になった
  • 他社からの借り入れ状況を大まかに書いてしまい詐称を疑われた

 

意外と単純なことでありながら、即日融資を希望する時には大きなミスであることがわかります。明日や明後日ではなく、今日でなくてはならない。そんな借り入れを希望しているときにこそ申込書に記入する項目には細心の注意を払いましょう。

 

審査で重要になる項目は、今すぐに変更ができるものではありません。「返済能力を調べるための属性スコアリング」と「信用力を確認するための個人信用情報機関照会」です。

 

これらの審査では、現在の正確な情報を確認されることになります。今、審査を受けるからと言って自分の現在の情報や過去の債務履歴を変えることはできません。

 

審査に対して私たちができることといえば、情報を正確に申告することしかありません。

 

インターネット申し込みと自動契約機

カードローンでは近年、インターネット申し込みが主流となりました。コンピューターによる自動審査が行われているカードローンもあり、それだけに審査の時間は相当に短縮されています。インターネット申し込みのメリットは多くあります。

 

  • 審査時間が短い
  • 年中無休で対応時間も長い
  • インターネットにつながればどこからでも申し込みができる

 

自動契約機は便利です。そこで申し込み、審査、契約、カード発行と併設されているATMからすぐに借り入れもできます。つまり一連の流れを一つの場所で完結させることができるというものです。

 

それであれば自動契約機ですべてを済ませればよいと思われるでしょう。しかし、即日融資という少しでも時間を節約しなければならない時こそ、インターネット申し込みは欠かすことができません。

 

インターネット申し込みで契約まで進める必要はありません。申し込みから審査まで、これをインターネット申し込みで完了させます。希望する借り入れの方法(ATMか振込キャッシング)によって契約方法を変えましょう。

 

即日融資は抑えるべきポイントを知っているだけで可能性が大きく変わります。どこの消費者金融、銀行カードローンでもよいというわけではありません。急ぐからこそ、重要な項目を比較しましょう。

 

最短1時間
⇒プロミスなら最短1時間融資